SSブログ

ゾウの「代理母」を使ったマンモス復活計画、近畿大 [科学系よもやま話<クローンの話>]

今日ご紹介するのは、近畿大学生物理工学部の入谷明教授らによるマンモスのクローニングに関するニュースです。

実は、絶滅種のクローンに関するニュースは、最近頻繁に目にします。今回ニュースになった近畿大学 生物理工学部によるマンモス再生の他にも、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの『ゲノム・リプログラミング研究チーム(リンク)』ではニホンオオカミのクローン再生が研究されています。また、海外に目を向けると、ピレネーアイベックス(ブカルド)やフクロオオカミ(タスマニアタイガー)のような絶滅種のクローン再生研究などがあります。

他にも、近畿大学 生物理工学部では奄美大島の絶滅危惧種、アマミノクロウサギのクローンが研究されているし、大型のウシの仲間で絶滅危惧種のガウルのクローン『ノア』が生まれたのは、既に10年も前の話。このようなクローニング研究がされている絶滅危惧種は、ボンゴ、ジャイアントパンダ、オセロット、チーターなどが挙げられます。

まさにクローン研究花盛り。

最初のクローン羊、ドリーが1996年に生まれて以降、クローン技術は、日進月歩で発展しているんですね。
クローン技術を用いた絶滅種再生については、映画にもなったマイケル・クライトンの小説『ジュラシック・パーク 』(Jurassic Park)で、一気に一般の人々に認知されたように思います。
 
一昔前には、SFの話だったのが、現実のものとなる日が、間近。
というか、和牛の優秀な種牛では既にクローン牛が登場しているのですから、既にその日は到来しているのかもしれません。

ただ、その一方で、クローンという技術に、一般の人々の感覚が追いついて居ないのも確かだと思います。
クローンの是非、倫理的な問題というやつです。

何日かしたら、日を改めて、何回かに分けて、クローン技術の現状を私なりにまとめてみようと思います。
お付き合い頂ければ幸いです。

最後に、今回の話を書くににあたり、参考にした文献やWebSiteをご紹介します。詳細は、日本学士院の第50回公開講演会講演で使われた入谷教授の講演資料が非常に分かり易いので、興味のある方は、是非ご覧下さい。

日本学士院の第50回公開講演会講演資料『クローン動物生産技術の有効利用(pdfファイル)』

昨年も、近畿大学の公開講座で、先端技術総合研究所 加藤 博己 准教授による、『古生物細胞核を用いた体細胞核移植 ~マンモス再生へ向けた試み~』として紹介されたりしています。
平成22年度近畿大学生物理工学部公開講座『第3回 公開講座(リンク)』

『クローンマンモスへの道-クローン技術最前線の技術における発生・再生医療技術-』(若山照彦 著, アドスリー/丸善 2009年)
【送料無料】クローンマンモスへの道

【送料無料】クローンマンモスへの道
価格:1,680円(税込、送料別)




nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

北海道大好き人間

マンモスが可能であれば、より小型のニホンオオカミとかも復活できそうですが、生態系の問題とかをどうするのでしょうね?

あと、トキに関してあれほど予算を注ぎ込むよりも、「悪しき前例」として後世への戒めにした方がよかった気もします。

by 北海道大好き人間 (2011-01-21 03:05) 

optimist

まあ、クローンが成功したとしても、野生化はさせないでしょうね。

やはり、一度失われた(或いは個体数が限界を超えて減った)種というのは、復活は困難という事でしょうか・・・。
by optimist (2011-01-27 23:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます